赤ちゃんがどうしても寝てくれない時の寝かしつけ必殺技3つ。〈ネントレに疲れたら〉

セルフねんね

我が家では基本的にセルフねんねといって、赤ちゃんが自力で一人で眠りにつく方法を採用しています。

しかし例外的に寝てくれない日もありまして・・・

そんな時に高確率で寝てくれる必殺技があります。※生後6か月まで。

きついネントレ中でも「これなら絶対寝てくれる」という奥の手を隠し持っていると、気持ち的に安心材料になりますよ。

 

その1:必殺スクワット抱っこ

名前からして狂気を感じる必殺技です。

抱っこで寝かしつけする方法と聞くと、普通「抱っこしたまま歩き回る」ですよね。

必殺抱っこは、抱っこしたまま「スクワット」をしてください。

ポイントは、赤ちゃんの抱っこ位置の高低差が15センチ以上になることです。

 

 

 

 

 

赤ちゃんが寝るまでずっととは言いません。

泣き止むまでとか、目を閉じるまで、とか柔軟に調整してください。

リズムは「げんこつやまのたぬきさん」を頭の中で流しながらやっていますw

1分くらいやれば筋トレにもなって一石二鳥ですよ!

 

抱っこしたまま歩き回るよりも刺激が少ないですが、ただ立ってゆらゆらするよりも寝てくれます。

刺激が少ない方が、セルフねんねに戻りやすいので重要です。

 

その2:必殺指おしゃぶり

またもや物騒な名前の必殺技です。

指をおしゃぶり代わりにする方法です。

赤ちゃん自身の指ではなく、寝かしつけるあなたの指を赤ちゃんにくわえさせます。

小指を赤ちゃんの口に入れるだけ。爪は舌(下)向きです。

もちろん、爪の長さや手指の清潔さが前提です。

おしゃぶりを用意する必要もないので、外出先などとっさの場合に役立ちます

口に入っている小指以外の指が目に入ったりすると危ないので、「指切りげんまん」みたいに他の指は握っていてくださいね。

 

その3:必殺授乳

そのままです。

必殺技も何もないのですが、授乳です。

満腹になると眠くなるのももちろんですが、授乳自体に赤ちゃんは安心感を覚えるようです。

これで寝てくれなければ諦めましょう。

あなたはできることをやりました!

赤ちゃんの安全を確保したうえで、いったん休憩してください。

 

注意点など

あまり多用すると、セルフねんねしてくれなくなるのでご注意を。

せっかく覚えたセルフねんねを忘れます

赤ちゃんは短期記憶なので、3日間ぐらい連続するとその寝かしつけ方法を覚えてしまいます。

なので、なるべく早めにネントレに戻してあげてくださいね。

完全に忘れてしまうわけではないので、2~3日でまた戻りますよ。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました