【田舎料理】夏に飲みたい!紫色シソジュースの作り方【おばあちゃんの味】

ジュース 健康

 

こんにちは。梅雨明けをして、暑い日々が続いております。

夏にぴったりな手作りシソジュースの作り方を紹介したいと思います。

 

シソジュースの魅力

紫蘇

甘酸っぱく、シソのフレッシュな香りがします。

個人的には、小梅飴の味ですね!

3~4倍くらいの割合で水で薄め、氷を浮かべて飲むと最高です!

クセが少ないので、老若男女、世代を問わず大人気のジュースですよ。

効能

おばあちゃん曰く、アトピーなどのアレルギー性疾患に良いそうです。

私は幼少期にアトピーと慢性鼻炎もだったんですが、夏場はよく飲んでましたね。

そのおかげかは分かりませんが、今はアレルギーの症状は治まっています。

レシピ

材料

赤紫蘇の葉 1kg

砂糖 1kg

水 2L

酢 100~200ml ※好みの量に調整

 

作り方

1.赤紫蘇は、茎から葉を取り外し、水で良く洗います。

2.鍋に湯を沸かし、1を投入。再沸騰後、中火で10分ほど煮ます。

3.2をざるで漉し、汁を鍋に戻します。

4.弱火にかけながら砂糖を入れ、酢は味見をしながら適量を加えます。

※酢を入れると色も綺麗な紫になりますよ!

保存方法

清潔な瓶などの保存容器に入れて冷蔵庫へ。

フレッシュなうちが美味しいですが、砂糖が大量に入っているので1年くらいは持つようです。

まとめ

とっても美しい紫色になるシソジュース。

氷水で割って、キンキンに冷やしていただくと夏の暑さも吹っ飛びます!

紫蘇が梅干しを漬けた後に余っていたり、庭に繁茂しているかた!ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました