韓国料理タッカンマリ(닭 한마리)風のレシピと意味

韓国 料理

 

家でたまに作る韓国料理タッカンマリ風が実家でも好評でした!

何年か前に、韓国に旅行した際に食べたタッカンマリが忘れられず、日本で簡単に作れるレシピを考えました。

日本でいう鶏の水炊きに近い料理ですが、滋養をつけたい夏にもあったまりたい冬にもおすすめの品です。

 

いつでも手に入る材料で作れるので、参考になれば幸いです。

 

タッカンマリ(닭 한마리)とは?

닭(タク)=鶏

한마리(ハンマリ)=一羽

つまり、「鶏一羽」という意味です。本場韓国では、丸どりのいろいろな部分が入っていました。

韓国にはソハンマリ(소 한마리)=牛一頭 という料理もあり、それは牛のいろいろな部位を食べる焼肉のことです。

 

丸ごと食べる文化なのですね!

 

タッカンマリ風のレシピ

材料(2人分)

鶏手羽元 300~400g

ネギ 2~3本

ジャガイモ 3個

にんにく 4~5かけ

トック(韓国の薄切り丸餅) ※あればお好みで

塩 大2

水 材料の2倍くらいの量

ニラ 1/2把

【つけダレ】

コチュジャン 大2

酢 大2

ごま油 小1

 

作り方

1.ネギは5センチの長さに切り、鍋に鶏手羽元とネギの青い部分、塩、材料の2倍量の水を入れ、中火で火にかける。最低でも1時間、灰汁をとりながら煮る。

2.にんにくの皮をむき、縦半分に切る。ジャガイモは皮をむき、大きめの一口大に切る。

3.1の鶏肉をお玉に1つ取り、スプーン等で肉が剥がれない程度に軽くほぐす。

※こうすることで、骨からも出汁が出て美味しいです。

4.2とトック、ネギの白い部分を加え、ジャガイモが煮えるまで煮込む。

5.つけダレの材料をまぜ小皿へ。ニラは4センチにきって別の小皿にのせる。

 

食べ方

鶏肉が柔らかいので、箸で肉をほぐしてニラを少量つかみ、つけダレにつけて食べます。

食後に残ったスープは、ご飯を入れて鶏かゆにすると出汁が効いて絶品ですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました