【役所】国民年金の産前産後の納付免除申請に行ってきた

赤ちゃんの靴 ひとくちメモ

個人事業主が加入する国民年金保険

出産前後の支払いを免除してくれる制度が2019年4月から始まりました。

早速手続きに行ってきたので、必要書類や手続きの流れを紹介します。


忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】

国民年金の産前産後期間の免除制度とは?

妊婦

国民年金に加入している、2019年4月以降に出産する妊婦さんは、出産予定日の前月から4ヶ月間の保険料納付が免除されます。

納付済みの扱いになるため、将来の年金額が減る心配もありません。

 

いつから申請できるの?

出産予定日の6ヶ月前から申請できます。

なるべく早めに役所へ行きましょう!

 

必要な書類

・母子手帳

・本人確認書類(免許証など)

・個人番号or年金番号がわかるもの

役所

手続きの流れ

必要書類を準備して、お住まいの市区役所へ行きます。

年金保険課などに向かいます。

出産前後の国民年金の免除申請をしたいです。

本人確認後、母子手帳の表紙(妊婦の名前記載あり)と、出産予定日のわかるページのコピーをいただきます。

こちらに必要事項を記入してください。

 

※書類に氏名等を記入します。個人番号(マイナンバー)もしくは、年金番号を記入します。

マイナンバーカードや個人番号通知書、年金手帳があると良いでしょう。

今後の流れを説明されて、手続きは終了です。10分もかかりませんでした。

 

実際の出産日が変更になっても、特に修正の手続きは不要とのことです。

筆者の場合、国民年金は払込伝票で支払う予定ですが、出産予定日の前月から4ヶ月分は支払わなくて良いと言われました。該当月分の払込伝票は、処分して良いそうです。

最大5万円分のギフト券がもらえる!結婚式場探しはマイナビウエディング

まとめ

出産予定日から6ヶ月前になればいつでも申請できます。

手続きはとても簡単でしたので、早めに役所へ行きましょう!

遅くとも、出産前には済ませておくと安心ですね。



タイトルとURLをコピーしました